お肌の凸凹は治せるのか|クリニックで改善できる肌トラブル|ほうれい線治療で悩み解決
婦人

クリニックで改善できる肌トラブル|ほうれい線治療で悩み解決

お肌の凸凹は治せるのか

女の人

お肌の凸凹の正体と治し方

思春期にニキビに悩まされた人は、大人になってからもお肌に凸凹となって残ったニキビ跡に悩まされることもあると思います。この凸凹のニキビ跡をクレーターと言い、色素沈着のニキビ跡とは違い治りにくく、皮膚科や美容外科での治療を受ける人が多いです。クレーターは、ニキビができて毛穴が炎症し、ニキビを治すための免疫機能により膿が出た後に、毛穴が開いたまま皮膚が修復されて毛穴の形が残ってしまった状態なのです。ニキビができたら、触って炎症をさせないこと、早急に治して炎症を進行させないことが、クレーター化させない予防策になります。ですが、既にクレーター化したニキビ跡は自分で治すのはとても大変で、皮膚科や美容外科でレーザーによる治療を受けるととても早く綺麗に治ります。レーザーによる治療は保険適応にならないことがほとんどですので、お肌の状態を専門医に見せてよく相談してから受けることをおすすめします。

ピーリングもおすすめです

皮膚科や美容整形でのレーザー治療は、確実にクレーターのニキビ跡は綺麗になりますが、保険適応されずに高額になってしまうこともあります。レーザー治療の前に、ピーリングによる治療ができるならピーリングの方が費用が少なく済むので専門医に相談してみましょう。ピーリングとは、天然由来成分や科学薬品を使い、肌の古い角質を剥がすことを言い、クレーター化してしまったニキビ跡にも効果を発揮します。角質を剥がすといっても痛みは無く、敏感肌の人など肌質によっては少しだけピリピリと感じる程度なので、とても人気の治療方法です。市販の化粧品を使い、自宅でホームピーリングを行う人も多く、中には自分でピーリング剤を作る人もいるようです。ホームピーリングは費用が安く済みますが専門的な知識が無く行うのは少々リスクも伴うので、皮膚科や美容整形で受ける方が良さそうです。