小顔に憧れる人が増えた|クリニックで改善できる肌トラブル|ほうれい線治療で悩み解決
婦人

クリニックで改善できる肌トラブル|ほうれい線治療で悩み解決

小顔に憧れる人が増えた

婦人

顔が大きく見える原因は

女性はきれいになりたいと思うものです。最近は顔が小さい人が増えてきました。その結果小顔に憧れる人も多くなりました。顔を小さくするためには、なぜ顔が大きく見えているのか検証する必要があります。顔が大きく見える理由はさまざまです。まず、太っているなどで顔に脂肪がついていて大きく見えることがあります。また、加齢などにより皮膚がたるむことで顔が大きく見えることもあります。エラが張っている、頬骨が出ている、あごが出ているなど骨格が問題となって顔が大きく見える場合もあります。太っている人はまずダイエットをするとよいでしょう。マッサージやエステなどを利用して、重点的に顔の脂肪を落とすようにするのも効果的でしょう。

さまざまな方法がある

しかしなかなか顔がやせない、またエラが張ってるなど骨格が原因の場合は自力で小顔になるのは限界があります。そのような場合には小顔整形による治療を考えるのも良いでしょう。小顔整形による治療もいろいろな方法があります。まずは脂肪を取り除くものです。顔が大きく見える原因である脂肪を取り除くことによって顔が小さくなります。また、エラが張っている場合は、筋肉が発達していて張っているのか、そもそも骨格自体が張っているのかによって治療の方法が異なります。筋肉が張っている場合は筋肉を小さくする注射を打ちます。骨格が問題の場合は骨を削ります。顔の凹凸が原因で大きく見える場合には、ヒアルロン酸を注入することでバランスを取り、小さく見せることもあります。このように小顔整形の治療にはさまざまな種類があります。小顔整形をしてみたいと思ったら、まずは医師にしっかり相談することが重要です。